更年期障害というと女性が発症するイメージが強いですが、男性でも起こることがあるので注意してください。 男性の場合は、加齢と共に男性ホルモンの分泌量が減少することによって発症します。 40代〜50代の男性が発症することが多く、具体的な症状としては以下のようなものが起こるでしょう。 ・ほてり ・のぼせ ・動悸 ・不眠 ・頭痛 ・めまい ・呼吸困難 ・耳鳴り ・しびれ ・肩こり ・発汗 ・食欲不振 ・便秘 ・倦怠感 ・性欲低下 ・勃起不全 これらの症状は、あくまでも一部です。 更年期障害になると、この他にも様々な症状が現われる場合があります。 また、症状の重さは人によって異なり、自分では気付かないことも多いです。 男性の更年期障害も女性と同様に、生活習慣の乱れやストレスなどによって発症率がアップしますし、症状が重くなります。 そのため、男性の更年期障害を予防・改善する場合にも、規則正しい生活習慣を意識することが大切です。 いつも睡眠不足の人、食事の栄養バランスが悪い人、運動不足の人、ストレスを過度に受けている人は、特に気をつけるようにしてください。